出刃包丁を購入する

堺の出刃包丁を購入する

堺の出刃包丁が欲しいと思ってる方もいらっしゃるかもしれません。
和方式の堺の包丁はとても優秀で品質が高いため、その中から出刃包丁を購入するのはよいことです。

一方で、包丁を購入する前には基礎的な知識を取り入れておく必要もあります。
包丁の種類、選び方、価格帯、安全性、注意点などです。
こうした諸々の要素を考慮したうえで、自分に合った包丁を選ぶことができます。
まず庖丁の種類ですが、三徳包丁をはじめ、牛刀、小出刃、中華庖丁、菜切り庖丁、ペティナイフなどがあります。

他にも、舟行庖丁、文化庖丁、薄刃包丁、柳刃包丁、スライスナイフなどもあります。
庖丁の選び方は、自分の使いやすいもの、また使用目的に合わせて選ぶことです。
メーカーを選ぶなら、日本人の場合、日本のメーカーの庖丁を選ぶことです。
日本のメーカーの庖丁は日本人に合った庖丁を作っていること、刃物の技術では世界でもトップクラスであることがその理由です。

自分に合わない包丁や馴染まないものも選らんでしまうと、疲れやすくなってしまいます。
庖丁のサイズにもいろいろなものがあります。
最も小さくて女性向きといわれるのが、180mmです。
このサイズは小回りがよく利き、扱いやすいことが特徴です。
長くも短くもないサイズなら210mmがあります。
こちらも小回りが利きやすいことが特徴ですが、大きなものを切ることもできます。
少し大きめのサイズなら240mmがあります。
大きめのサイズですが細かい作業をこなすこともできます。
それより大きいサイズになると270mmがあります。
こちらは家庭用のサイズではありませんが、どんなものでも気持ちよく切ることができます。
大きな調理場で見かける300mmのサイズもあります。
300mmは家庭で持っている人はあまり見かけませんが、1本あると便利です。
庖丁を購入したらケアをすることも大切です。
庖丁のケアは、庖丁を研ぐことです。

研ぐ方法は、磁石、庖丁研ぎ器、シャープナーがあります。
研ぐのに一番良いといわれてるのは磁石です。
庖丁の品質を落とさず長く使えるようにするためには、良い方法で研ぐ必要があります。
庖丁の価格帯は、最も安いものなら1000円~3000円ほどです。
こうした価格帯ならホームセンターなどでたくさん販売されています。
少し品質の高い庖丁になれば、4000円以上するようになります。
最も高いものなら数十万円するものもあります。
庖丁の価格帯はピンからキリまであるといえます。”