セラミックでできた包丁

包丁の種類にはセラミックでできたものもあります

包丁の種類には使う用途で分ける場合と、その素材で分ける場合とがあります。
魚をさばく時に使う出刃包丁をはじめ、野菜を切るための菜切や日本人好みの鎌型洋包丁など、用途別に多くの種類があります。
最近では、パンを切るためのパン切り包丁や小さ目のペティナイフなど便利な種類のものが多く登場してきました。

包丁といえば、使われている素材は金属のものを思い浮かべる人も多いです。
刃物材料として使われるものには炭素系鋼とステンレス鋼があります。
単一素材で作られた鋼製包丁は鋭い切れ味で研ぎやすいと言われています。
しかし、その反面で錆びやすいという特徴もあるので、常に手入れや研ぎが必要になってきます。

一方のステンレス製包丁は、昔は切れないと言われていたこともありましたが、研究開発されて良く切れるようになりました。
錆びにくくて手入れが簡単なため、家庭では使いやすい包丁ですが、やや研ぎにくさがあります。

金属製であることが当たり前という常識を覆して登場したのが、セラミック製の包丁です。
セラミックとは金属ではなく陶器と同じような材質で、陶器に比べると圧倒的な硬さをもった素材です。
セラミック包丁の特長は薄刃で切れ味が良いため、トマトやタマネギなどをはじめ、刺身や肉のスライスに適しています。
金属製に比べて軽量なために手首が疲れにくく、高齢の方にも扱いやすくなっています。
金属からのイオンが出ないので、野菜や魚に金属特有の匂いがうつる心配がありません。

また、酸やアルカリにもおかされることもないため、レモンや柚子のスライスも大丈夫です。
金属製ではないため、錆びる心配がありません。
便利な反面、気を付けなくてはいけないこともあります。
まず、使い始めは思ったより軽量であることや非常に鋭利なため、慣れないと触れるだけで手を切りやすいので注意します。
使い終わって洗ったあとに水切りかごで水を切るときなど、刃先がちょっと当たるだけでも刃先が欠けてしまうことがあります。
もともと陶器の一種であるので、衝撃には弱いために欠けてしまうことがあるので注意が必要です。

トマトや人参など色のある野菜の汁や肉汁などがついたまま置いておくと、刃に色がついてしまうことがあります。
セラミック刃の色は白いものが多いため、こすってもなかなか色が落ちないこともあるのでこまめに洗う必要があります。
漂白剤を使うことができるので、こまめに手入れをして清潔に使うようにすれば問題ありません。”