包丁の研ぎ方

堺包丁の研ぎ方について

包丁を買うなら堺の包丁と決めている方もいらっしゃるかもしれません。
堺に限らず日本のメーカーの包丁はとても品質がよくて優秀です。
また日本人に合った方式で作られているので、日本人には馴染みがよく、また使いやすいという特徴を備えています。
これから新しく庖丁を購入するという方は、堺など日本のメーカーから商品を選ぶことができます。

ただし、良い庖丁を購入してもケアを怠るなら長持ちしません。
例えば、庖丁を長く良い状態で使い続けるために研ぐことが欠かせません。
庖丁研ぐ方法には、磁石、庖丁研ぎ器、シャープナーがあります。
このうち最も良い方法は磁石です。
磁石で研ぐ場合、中研ぎと仕上げ砥石があります。
家庭で使う場合は、荒研ぎを行う必要はありません。
シャープナーなどは100円ショップで販売されているケースもありますが、良い庖丁を長く使い続けるためには磁石を使うようにします。

さて、庖丁を購入するにあたっては種類についても学んでおかなければなりません。
庖丁の種類には、貝サキ庖丁、スライスナイフ、三徳庖丁、牛刀、柳刃庖丁、薄刃庖丁、文化庖丁などがあります。
さらに、舟行庖丁、中華庖丁、菜切り庖丁、小出刃、ペティナイフなどがあります。
庖丁の選び方で重要なポイントは、自分の手になじみやすいもの、また疲れにくいものを選ぶことです。

そのためには日本のメーカーの庖丁を選ぶことです。
日本の刃物の技術が優秀であることや、日本料理に合った庖丁が作られていることを考慮すれば、日本人に合う庖丁は日本のものであるといえます。
庖丁のサイズの種類も考慮しておくことができます。
庖丁のサイズには、300mmから、270mm、240mm、210mm、180mmまでがあります。
300mmは、給食などの大規模な厨房では使用されますが、家庭で使用する人はあまりいません。
270mmも家庭向きのサイズではありませんが、どんなものでもザクザク切れるため、1本あると便利です。
240mmは、少し大きめのサイズですが、細かい作業も行うことができます。
210mmは、バランスのいい一般的なサイズです。
小回りがよく、大きなものから小さなものまで切ることができます。
180mmは、最も小さなサイズです。
女性向きともいわれ、小回りが利くことが特徴です。
包丁の使用においては、いくつかの注意点があります。
例えば、包丁の進行方向に手を持っていかないようにすることがあります。
また、安全のために手入れを欠かさないようにすることも大切です。
収納するときは包丁の専用ポケットに入れなければなりません。利くことが特徴です。”